今週のアンセム『Nigra sum』

こんにちは。

気温差が十度以上も上がったり下がったりする気候に、体調を崩す隊員たちもちらほら見かけます。皆様におかれましても、お身体には十分に気を配っていただきますようお願い申し上げます。

さて、今週は女声聖歌隊の奉仕週となります。
アンセムはPablo Casals 作曲の『Nigra sum』です。
以下、対訳です。


 

Nigra sum

Pablo Casals (1876-1973)

Nigra sum, sed formosa,
filiae Jerusalem.
Idea dilexit me rex,
et introduxit me in cubiculum suum
et dixit mihi
surge et veni amica mea
jam hiems transiit,
imber abiit et recessit,
flores apparuerunt in terra nostra,
tempus putationis advenit.
Alleluia.

私は黒いけれど 愛らしい
エルサレムの娘たちよ
だからこそ 王は私をめで
寝屋に招きいれ
こう言われたのです
起きて出ておいで 愛しい女よ
もう冬は去った
雨(の季節)は過ぎ去った
里には 花が咲きはじめ
苅りいれの時が来た
(雅歌1:4-5,2:10- 12)
『宗教音楽対訳集成』より


今週もぜひ、チャペルへ足をお運びください。

広告
カテゴリー: 聖歌隊ブログ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中