今週のアンセム『Ave Verum Corpus』

こんにちは。

梅雨明けが発表されていないことが信じられないほど、うだるような暑さが続きますね。
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。内と外の急激な温度変化で、体調を崩しやすい時期です。お身体に気を付けて、日々を過ごされるようお祈り申し上げます。

さて、今週は女声聖歌隊の奉仕週となります。
アンセムはGabriel Faure作曲、『Ave Verum Corpus』です。
以下、対訳です。

 

 

Ave Verum Corpus

                                                        Gabriel Faure (1845-1924)

Ave, verum Corpus, natum
de Maria Virgine;

栄えあれ まことのおからだ、
処女マリアより生まれたものよ

Vere passum, immolatum
in cruce pro homine;

まことに 十字架で苦しまれ
人間のため いけにえとなったかたよ

Cujus latus perforatum
unda fluxit cum sanguine,

その脇腹は(槍で)刺しつらぬかれ
水と血を流されました

Esto nobis praegustatum,
mortis in examine.

われらに まえもって味わわせてください
死の試練のときに(天国の幸福を)

O Jesu dulcis, O Jesu pie,
O Jesu, fili Mariae.

やさしいイエス 情けふかいイエス
マリアの御子イエスさま

Tu nobis ,miserere.
Amen

われらを憐れみたまえ
アーメン



また、今週はハンドベルと聖歌隊のコラボアンセムも演奏される予定です。お楽しみください。

今年度の春学期の聖歌隊の奉仕は、今週で最後になります。
今年度の春学期も、大勢の新入生を迎えることのできた新歓活動を始め、入学式、レインボーコンサート等、礼拝奉仕以外にも様々な活動がありました。
多くの関係者の方々の支えがあって、これらの活動を無事に終えることができました。改めまして、本当にありがとうございました。
皆様が良い夏をお過ごしくださいますようにと、心からお祈り申し上げます。

それでは、長くなってしまいましたが
今週もぜひ、チャペルまで足をお運びください!

カテゴリー: 聖歌隊ブログ | コメントをどうぞ

今週のアンセム『Soon Ah Will Be Done』

こんにちは。

小暑の候、いよいよ本格的な暑さになってまいりました。体調を崩しやすい時期ですので、皆さまお気をつけくださいね。

さて、今週のアンセムはWilliam L. Dawson作曲『Soon Ah Will Be Done』です。レインボーコンサートにて、最後に歌わせていただいた力強い楽曲です。

以下、対訳です。

 

 

Soon Ah Will Be Done
William L. Dawson
原詩
Soon ah will be don’ a-wid de troublob de worl’, goin’ homet’ live wid God.
I wan’t meet my mother; I’m goint’ live wid God.
Soon ah will be don’ a-wid de troubles ob de worl’, goin’ homet’ live wid God.
No more weep-in an’a wail-in; I’m goint’ live wid God.
Soon ah will be don’ a-wid de troubles ob de worl’, goin’ homet’ live wid God.
I wan’t meet my Jesus; I’m goint’ live wid God.

英訳
Soon ah will be done with the troubles of the world’ going home to live with God.
I want meet my mother, I’m going to live with God.
Soon ah will be done with the troubles of the world’ going home to live with God.
No more weeping and wailing, I’m going to live with God.
Soon ah will be done with the troubles of the world’ going home to live with God.
I want meet my Jesus I’m going to live with God.

対訳
もうすぐこの世の苦労も終わる。神の御許に帰るんだ。
お母さんに会いたい。神と共に生きるんだ。
もうすぐこの世の苦労も終わる。神の御許に帰るんだ。
もう嘆き悲しまなくていい。神と共に生きるんだ
もうすぐこの世の苦労も終わる。神の御許に帰るんだ。
イエス様に会いたい。神と共に生きるんだ。

 

 

今週もぜひ、チャペルまで足をお運びください。

カテゴリー: 聖歌隊ブログ | コメントをどうぞ

今週のアンセム『The Lord bless you and keep you』

こんにちは。

不安定な天候に振り回されている間に、もう7月に入ってしまいました。今年も、もう半ばを過ぎてしまいましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

去る6月24日のレインボーコンサート、大変多くの方にお越しいただき誠にありがとうございました。立ち見の方もたくさんおられたようで、立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊がどれだけ多くの方々に支えられているのか、改めて実感する機会となりました。
新入生のコンサートデビューともなった、今コンサート。
祭壇上が小さく見えてしまうほどの人数で歌うパワフルな演目に、歌っている我々も震えてしまうほどでした。
ご来場くださった皆様におかれましても、お楽しみいただけておりましたら幸いでございます。

ご来場くださり、あたたかな目でお見守りくださった皆様、コンサートの運営に快く協力してくださった学生キリスト教団体の皆様、本当にありがとうございました。皆様無くしてコンサートは成り立ちません。
また、練習・本番ともに伴奏で支えてくださった﨑山先生、私たちをいつも支えてくださる会衆の皆様、そして私たちを指導してくださるショウ先生、心から感謝いたします。
自分たちがこのような場で歌えることは、会衆の皆さま、先生方のお力によるものであることを強く胸に刻みつつ、これからも心を込めて奉仕して参りたいと思います。


さて、今週のアンセムはJohn Rutter作曲『The Lord bless you and keep you』です。レインボーコンサートでも、一年生とともに歌った曲となります。
以下、対訳です。

 

The Lord bless you and keep you

                         John Rutter

The Lord bless you and keep you

The Lord make his face to shine upon you, and be gracious unto you.

The Lord lift up the light of his countenance upon you, and give you peace

A-men

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主が御顔を向けてあなたを照らし あなたに恵みを与えられるように。

主が御顔をあなたに向けて あなたに平安を賜るように。(民数記6:24-26)


今週もぜひ、チャペルまで足をお運びください。

カテゴリー: 聖歌隊ブログ | コメントをどうぞ

女声聖歌隊新入生デビューのご報告

こんにちは。

すっきりとしない天気となり、いよいよ梅雨本番といったところでしょうか。
皆様におかれましては、日ごとの気温の変化に体調を崩されないよう、十分お気を付けください。

さて、昨日の6/24(土)、レインボーコンサートを行いました。
チャペルまで足をお運びくださり、暖かなまなざしで演奏を聴いてくださった皆様、御寄付いただいた皆様、CDを手に取っていただいた皆様、本当にありがとうございました。
コンサートについてのご報告は、また後日まとめさせていただこうと思います。

そして、大変遅くなってしまいましたが、6/18(日)に女声聖歌隊の新入生の礼拝デビューを皆様にお知らせいたしました。奉仕週は少ないですが、女声ならではの繊細さと力強さを持った素敵な聖歌隊です。一つの聖歌隊としてこれからも宜しくお願い申し上げたいと存じます。


ご報告は以上です。それでは皆様、今週もぜひチャペルに足をお運びださい。

カテゴリー: 聖歌隊ブログ | コメントをどうぞ

今週のアンセム『Alleluia』

こんにちは。

梅雨に入り、安定しない気温に日々辟易してしまいますね。皆様におかれましては、お身体に気をつけて、日々を過ごされるようお祈り申し上げます。

さて、今週は女声聖歌隊の奉仕週となります。アンセムはSherri Porterfield作曲の『Alleluia』です。

今回は普段登場しない楽器が使用されるようです!お楽しみください。

 

それでは、今週もぜひ、チャペルに足をお運びください。

カテゴリー: 聖歌隊ブログ | コメントをどうぞ

今週のアンセム『Greater love hath no man』

こんにちは。

入梅の頃となりましたが、まとまった雨もなく、気まぐれな天気に振り回される今日この頃です。
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。蒸し暑い日が続くようですので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

さて、今週のアンセムは  John Ireland作曲、『Greater love hath no man』です。
以下、対訳となります。

 

 

 

Greater love hath no man

                                                                                                              John Ireland

 

Many waters cannot quench love neither can the floods drown it.

大水も愛を消すことはできない 洪水もそれを押し流すことはできない。(雅歌8:7)

 

Love is strong as death.

愛は死のように強い (雅歌8:6)

 

Greater love hath no man than this, that a man lay down his life for his friends.

友のために命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。(ヨハネ15:13)

 

Who his own self bare our sins in his own body on the tree, that we, being dead to sins,should live unto righteousness.

キリストは十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。わたしたちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。(ぺトロ2:24)

 

Ye are washed, ye are sanctified, ye are justified in the name of the Lord Jesus.

あなたがたは主イエス・キリストの名によって洗われ、聖なるものとされ、義とされています。(コリント6:11)

 

Ye are a chosen generation, a royal priesthood, a holy nation; that we should shew forth the praises of him who hath called you out of darkness into his marvelous light.

あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。(ペトロ一2:9)

 

I beseech you, brethren, by the mercies of God, that ye present your bodies, a living sacrifice,holy, acceptable unto God, which is your service.

こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。(ローマ12:2)


今週もぜひ、チャペルへ足をお運びください。

カテゴリー: 聖歌隊ブログ | コメントをどうぞ

今週のアンセム『来たれ聖霊』

こんにちは。

向暑の候、衣替えの季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 


先週は混声聖歌隊の新入生が礼拝デビューし、多くの方にお祝いいただきました!ありがとうございました。

さて、今週は精霊降臨日(ペンテコステ)です。
皆さまのうちに聖霊の豊かな恵みが訪れるよう、心を込めて奉仕いたします。

アンセムは『来たれ聖霊』です。以下、歌詞となります。

 

 

1 来たれ聖霊よ、われらの心に。
つくられしものを 満たせ、恵みもて。

2 慰めなる主よ、いのちの泉よ、
注がせたまえや、貴き賜物。

3 み力によりて わが身を強めて、
燃やしたまえ、主よ、心に愛の火。

4 七つの賜物 与うる聖霊、
広めさせたまえ、み神のことばを。

5 敵を追い払い、悪より遠ざけ、
与えたまえ、主よ、平和をわれらに。

6 聖霊によりて 父・子なる神を
さとらせたまえや、信ずるものらに。

 

 


今週も、是非チャペルへ足をお運びください!

 

カテゴリー: 聖歌隊ブログ | コメントをどうぞ